漢方、副作用ある?

漢方、副作用ある?

漢方薬に副作用という概念は基本的にはないんですよね。というと、ちょっと大げさだと言われてしまいそうです。
一般的には、副作用という概念が無いと言った方が正しいような気がします。

 

実際は、副作用と呼ばれるようなものがあります。一般的に飲む薬(西洋薬)と比べると出現頻度は少ないと思われますが、やはり生薬と呼ばれる漢方薬の原料がからだに合わないという場合もあるようですからね。

 

その他、これを副作用と言うのか違うのか難しいのですが、漢方薬にはめんげんと呼ばれるものが出ることがあります。
副作用?と思ってしまうようなもので、飲み始めてからしばらく経つと具合が悪くなったり、吹き出物ができたりする状態です。

 

これは、副作用なのかめんげんなのか謎なんですね。しかし、めんげんは毒素が身体から出ることによって起きるとされており、収まるともともとの症状もかなり良くなって来ると言われています。

 

飲んでいる本人も副作用かめんげんなのかはわからないので、医師や薬剤師に相談してみるのがベストでしょう。しかるべき方法を提案されるでしょう。
漢方薬での副作用で割と多く報告されているのは、高血圧の症状、胃腸障害、むくみなどが多いようです。